独身時代の服たちを思い切って処分する!

  • 少しづつ処分していたつもりだったのですが、段ボールに入ったままの独身時代の服。

    基本的に物持ちがいい私は、よっぽどぼろくならない限りは服も捨てないできました。




    というのも、独身時代はスタイルにも多少気を使っていたので、今よりも10キロは痩せていたんです。

    サイズで言うと7号、S、XSのパンツもあります。

    で、今は、そうですね、入ってもぱっつんぱっつんです。タイトなスカートなんて自転車こげませんw

    ウエスト締めすぎたパンツは、気分が悪くなってきてうっ血してしまいます。夏用に出していた服も着ないで終わりそうなものが多いです。




    というか、今年の夏に着ていたものって、実際Tシャツ3着、ワイドパンツ2着、日焼け防止の薄い長袖シャツ3着の全部で8着だけだったんですよね。

    洗濯したら着て、また洗濯したら着てという…

    着る服は少ない割にクローゼットはぐちゃぐちゃな感じ。なんか急に思い立って、大きなゴミ袋に着なかった服を入れ始めました。




    結婚して4年目に突入したので、独身時代の最後の方に買ったものでも4年以上前のもの。

    自分の服を出せる分を出してみて、まずはサイズアウト(笑)の服たちをゴミ袋にまとめました。




    結婚前の両家の食事会のために買った薄手のジャケット、ちょっと思い出の服でもあるんですが、着てみたら肩幅きっちきち。二の腕パンパン・・・。

    無残でした。
    綺麗だしもしかしたら売れるかな?フリマ行き。

    お見合い写真にも使って何度もお見合いに着た白いレースのワンピース。

    今着ていくところありません。
    しかもミニ丈なんですよね。

    あまり高価ではなかったけれど、美品なのでフリマ行き。




    毛玉や黄ばみがあるものはゴミ袋、そこそこきれいなものはフリマ用に分け、持っていた服の7割くらいを手放す決心がつきました。

    フリマは、スマホのアプリでメルカリやフリルに出品です。安くても売れれば捨てる罪悪感が和らぎます。